Help

11.03.24.本所回向院(両国回向院。墨田区)

  • 41

Photos: 11.03.24.本所回向院(両国回向院。墨田区)

Photos: 本所回向院(両国回向院。墨田区)国技館(大鉄傘)跡 Photos: 11.03.24.吉良上野介上屋敷跡(墨田区両国3丁目)

mixiアルバム「本所回向院 (両国2丁目) ・本所/鼠小僧次郎吉」コピペ――
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000050708916&owner_id=32815602
2012年02月17日 00:19

11.03.24.
※地図?
●回向院――
諸宗山無縁寺回向院。
寺院山門には諸宗山回向院とある。
南千住回向院に対し、本所回向院とも。
本尊は阿弥陀如来。
境内には、観音堂や鎮守堂、太師堂などが建立され、数多くの尊像が安置されていたが、関東大震災はじめ震災・戦災により木彫の諸尊像はことごとく焼失、石仏、銅仏等の諸尊像のみが残されている。
振袖火事(ふりそでかじ)と呼ばれる明暦の大火(明暦3(1657)年)の焼死者10万8千人を幕命(将軍家綱)によって葬った万人塚が始まり。のちに安政大地震をはじめ、水死者や焼死者、刑死者など横死者の無縁仏も埋葬する。あらゆる宗派だけでなく人、動物すべての生あるものを供養するという理念から、ペットの墓も多数ある。
著名人の墓として、山東京伝、竹本義太夫、鼠小僧次郎吉など。
参拝客のために両国橋が架けられた(寺曰く)。

天明元(1781)年以降、境内で勧進相撲が興行された。これが今日の大相撲の起源となり、明治42(1909)年旧両国国技館が建てられるに至った。国技館建設までの時代の相撲を指して「回向院相撲」と呼ぶこともある。昭和11(1936)年1月には大日本相撲協会が物故力士や年寄の霊を祀る「力塚」を建立した。
(境内で初めて行われたのは明和5(1768)年。天保4(1833)年より春秋2回の興行の定場所となる。)


●本所――
東京都墨田区本所。
江戸時代は、深川と並んで拡大する大都市江戸の新興居住区域の一翼だった。本所の宅地化が進んだのは元禄年間で、当時は町外れの辺鄙な土地だった。
当時本所に住んでいた有名な人物と言えば吉良義央だが、彼も「江戸の外れに追い出された」といった愚痴を綴った私信を残している。
幕末には江川太郎左衛門の屋敷が置かれた。
明治時代、この本所から名をとった本所区が設置される。現在の墨田区の南半分にあたる。
工場立地の良さから、明治時代は工業地帯化が進む。
大正12 (1923)年、関東大震災では本所を含む本所区の9割が焼失、約4万8千人もの死者を出した。また東京大空襲でも甚大な被害を受けている。
昭和22 (1947)年、向島区と合併して現在の墨田区になった。

地名の由来は、アメブロ「荘園2/本所」→ http://ameblo.jp/emeth-spriggan/entry-11193458508.html

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.