Help

京極丹後守屋敷跡(墨田区江東橋5丁目)

  • 44

Photos: 京極丹後守屋敷跡(墨田区江東橋5丁目)

Photos: 12.06.14.菊柳橋西詰・橋より南(墨田区江東橋・立川・菊川) Photos: 12.06.14.山名靱負上屋敷跡(墨田区江東橋5丁目)

先と同じ位置。



mixiコメント 2012年06月15日 00:09
●「京極丹後守」――丹後宮津藩京極家 →高知流京極家。
(京極高吉次男。2代と3代で争いがあり改易。以後、高家として存続。)
京極高知、初代藩主
京極高広、2代藩主
京極高国、3代藩主
京極高福(高知 - 高広 - 高国 - 高規 - 高甫 - 高本 - 高厚 - 高以 - 高正 - 高福。生没年不明)


2013年02月25日 11:53
※京極高知――
京極宗家16代 高吉の次男。高次は兄。
京極丹後守家。丹後京極家。高知流京極家。
従四位下・侍従、丹後守。
羽柴姓を賜っており、通称「羽柴伊奈侍従」。
秀吉時代は信濃国飯田6万石。
家康時代には丹後12万3000石。
領地は嫡男 高広、三男 高三、甥で婿養子の高通の3人に分配した。

・高知流本家、嫡流――宮津藩7万8000石。3代目に改易。国持が…。

・高三流京極家、豊岡藩京極家、京極豊岡家――田辺藩3万5000石。
3代高盛、丹後国田辺より但馬国豊岡3万3000石へ転封。7代高永より1万5000石(継嗣問題。早逝相次ぐ家系)。

・高通流京極家、峰山藩京極家、京極峰山家――峰山藩1万3000石。
幕末まで転封なし。父の遺領丹後国にて、一部とはいえ守り続けた。若年寄を多数輩出。譜代格。


※京極高槻――
たかのり。高知は曽祖父。京極丹後守家。丹後京極家。高知流京極家。高知流本家。4代。
寛文6(1666)年5月、3代高国 改易。藤堂高次に預けられる。扶助料3,000俵を賜る。
延宝8(1680)年9月、赦免。母方の実家、伊達領 常陸竜崎に暮らす。
元禄3(1690)年8月、旗本になる。蔵米2,000俵。寄合所属。
元禄8(1695)年12月、高家職就任。


※京極高福――
天保3(1832)年閏11月5日、家督相続。
嘉永3(1850)年10月28日、高家職就任。従五位下・侍従・丹後守叙任。
慶応4(1868)2月22日、明治新政府に服属し、朝臣となる。


2013年07月09日 11:04
いずれかの時代に、安房国内に1500石の所領となっている。
(←元禄3(1690)年蔵米2,000俵)

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.