Help

13.10.22.春雨寺(北品川4丁目)沼田藩土岐家墓所

  • 52

Photos: 13.10.22.春雨寺(北品川4丁目)沼田藩土岐家墓所

Photos: 13.10.22.春雨寺(北品川4丁目)沼田藩土岐家墓所 Photos: 13.10.22.春雨寺(北品川4丁目)如来堂

「港区虎ノ門1・2丁目」内 https://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=1937923574&owner_id=32815602 記事コピペ――
2013年05月15日 19:37

●土岐美濃守――
0、定政(さだまさ)、従五位下・山城守
下総国守屋藩

1、定義(さだよし)、従五位下・山城守
下総国守谷藩 →摂津国高槻藩
2、頼行(よりゆき)、従五位下・山城守
摂津国高槻藩 →下総国相馬藩 →出羽国上山藩
3、頼殷(よりたか)、従五位下・山城守、従四位下
出羽国上山藩 →越前国野岡藩
→駿河国田中藩
4、頼稔(よりとし)、従五位下・丹後守、従四位下、侍従
駿河国田中藩 →上野国沼田藩
5、頼煕(よりおき)、従五位下・伊予守
6、定経(さだつね)、従五位下・美濃守、従四位下
7、頼寛(よりひろ)、従五位下・伊予守
8、定吉(さだよし)、従五位下・美濃守
9、定富(さだとみ)、なし
10、頼布(よりのぶ)、従五位下・山城守、美濃守
11、頼潤(よりみつ)、従五位下・山城守
12、頼功(よりかつ)、従五位下・山城守
13、頼寧(よりやす)、従五位下・伊予守
14、頼之(よりゆき)、従五位下・美濃守、山城守、和泉守
15、頼知(よりおき)、従五位下・隼人正


●土岐氏(とき)――
本姓は源氏。清和天皇祖、清和源氏のひとつ摂津源氏の流れで、美濃源氏の嫡流。
美濃国を中心に、侍所として五職家の一角を占めるなど、最盛期には美濃・尾張・伊勢3国の守護だった。
土岐氏は美濃国のみならず、常陸国、上総国など関東に点在したほか、美濃国内に多くの庶流が存在した。
戦国時代、斎藤・織田・北畠など、対立する諸大名との勢力争いに敗れて没落。戦国大名にはならなかった。
しかし、庶流に優秀な人物が数多く現れた。明智光秀・浅野長政・遠山友政・土岐定政(菅沼藤蔵)ほか、坂本龍馬・浅野内匠頭長矩・遠山金四郎景元など、みな土岐氏の血脈である。
浅野氏・明智氏・植村氏・原氏・肥田氏・土井氏・金森氏・蜂屋氏・乾氏・妻木氏・青木氏・深沢氏・饗庭氏・萩原氏等々。
(江戸時代末期まで大名として存続したのは、浅野、遠山、土岐定政家の3家。)

家紋は水色桔梗紋。白黒紋ではなく、彩色紋。
土岐光衡が戦で桔梗花を兜に挟んで戦ったのを機に家紋とした。「土岐桔梗」と呼ばれている。旗紋としては水色地に白抜きの桔梗紋が使われた。
岐阜県土岐市土岐津町、瑞浪市土岐町などゆかりの地名がある。
旧土岐郡地域の土岐市、瑞浪市、多治見市の市の花は桔梗となっている。

●土岐美濃守・土岐明智氏・土岐山城守――
●土岐定政(菅沼藤蔵)――
美濃国守護を務めた土岐氏は、徳川氏の旗本となった。
数多いる美濃土岐氏の庶流(傍流・傍系・分家)の1派――明智氏。
室町幕府下で初代となる土岐美濃守頼貞の7男 頼基が祖とだという。
戦国時代。
天文21(1552)年、土岐明智氏 頼基の子孫(経過代数不明)明智定明は、美濃国守護 土岐頼芸と斎藤道三の内紛(下剋上)にて死亡する。
その子 定政(天文20(1551)年~慶長2(1597)年)は、外祖父の菅沼定広を頼って落ち延びる。
のち、母が奥平貞勝へ再嫁するにあたり離別させられる。
そして、母の弟 菅沼定仙の養嗣子とされ、菅沼藤蔵となる。
永禄7(1564)年、家康に招聘され家臣となる。
永禄8(1565)年、初陣。
徳川家の主要な合戦の多くに参戦、戦功をあげる。家康から武勇に優れた武将として賞賛されている。
天正10(1582)年、甲斐国巨摩郡切石に1万石を与えられて大名となる。
天正12(1584)年、小牧・長久手の戦い。
天正18(1590)年、小田原征伐。
家康の関東移封に際し、下総国相馬郡守谷に1万石を与えられる。
秀吉からもその武勇を賞賛され――
文禄2(1593)年、従五位下、山城守に叙任。また、没落した土岐の家名を大名として再興することを勧められ、姓を復する。
土岐山城守定政――
慶長2(1597)年、47歳で死去。

改めて家祖となった定政以降、代々山城守を世襲したため、「土岐山城守家」と称される。


※明智光秀は土岐明智氏の系統であり、その祖父とされる光継は、定明の父である頼明の兄 頼典と同一人物とする説がある。


※四職――
ししき。ししょく。
室町時代の武家の家格。
室町幕府の軍事指揮と京都市中の警察・徴税等を司る侍所の長官(頭人、所司)に交代で任じられた、守護大名の赤松氏・一色氏・京極氏・山名氏の4氏を指して「四職」と言う。
しかし、実際はこの4家に並んで土岐氏もしばしば侍所頭人に任じられていることから、土岐氏を含み「五職」だとする説もある。
いずれも源氏。
三管領家(細川氏・斯波氏・畠山氏)とともに、幕府宿老として中央政治に参与した。
京都の警察権を担うため、山城守護を兼ねることが多かった。
応仁の乱以降、畿内の争乱、守護の在国化等で空席となり、自然消滅した。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.