Help

油そば@魁力屋南砂店・江東区南砂町

  • 22

Photos: 油そば@魁力屋南砂店・江東区南砂町

Photos: 特製宍道湖しじみ中華蕎麦〈塩〉@琥珀・大田区雑色 Photos: とくちゃんぽん・背脂とんこつ醤油@リンガーハット亀戸駅前店・江東区亀戸

ラーメン 魁力屋(かいりきや)南砂店
  江東区南砂6-7-15 トピレックプラザ西館1階

 背脂チャッチャ系のチェーン店で、本店は京都のラーメン激戦区の左京区一乗寺。京都のラーメンに関しては、関西圏以外の方が京都に対して抱く薄味、あっさりという味は元来存在せず、こってりor濃厚orその両方が普通。例えば今では全国に名が知れた天下一品、スープに突っ込んだレンゲが立つと話題の極鶏のほかにも本家第一旭、新福菜館、無鉄砲、横綱、ますたに等々は全て京都発祥な一方、「京風らーめん あか○○な」に代表されるいかにも京都といったイメージのお店は京都人の眼中には全く無いし、そもそも、そんなラーメンを提供するお店の話は最近まで聞いたことがなかった。そんな中、9月上旬から期間限定で標記メニューを提供しており、そろそろ終了するのではと思われるので訪れた。825円。外国人女性に注文した後、卓上にある食べ放題のタクワンをボリボリかじりながら配膳を待つ。
 口径が大きめで浅めの丼で登場。丼の底の香味油と醤油ダレが、麺や具材に出来るだけ均等に絡むように底から何度も持ち上げながらかき混ぜす。麺はストレートの太麺。ツルッとしていて、噛めばほどよい噛み応えを感じる。その後はシコシコとした食感が続く。このように麺自体には不満は無いのだが、啜るたびに煮干だろうか魚介の好ましくない臭い(風味)を感じてしまう。魚介の存在感自体はそれほど強くないが臭いが…。ただ、刻みニンニクとヤンニンジャンを追加すると気にならなくなったのは幸で、さらに期待通り美味しさがアップ。また、最初に混ぜる際、卵黄は卓上にあった穴あきレンゲに待避させて置いたが、途中でこれを潰して混ぜ込むとコクと旨味がプラスされ、再度の味変をすることが出来た。チャーシューは薄味で旨味も薄いが、食べ応えはあるので不満は無い。メンマは軽い発酵臭があって食感はジャキジャキ。刻みタマネギが、全体的に濃くてややしつこい味わいの中でサッパリと感じさせる役割を十分に果たしている。また、この店独自のサービスでのネギ入れ放題が、ラーメンだけではなく油そばでも嬉しい。
 お昼が近づくにつれ、スーツや作業服の客が増えだした。この辺りでは数少ないラーメン店だからか。

・お気に入り度:△+

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.