Help

6.10,2022 BRAVIA new series TV more smallet OLED【新商品QD-OLEDやMini LEDを搭載したブラビア4つのデバイス登場「XRプロセッサーで決まる」

  • 1
  • 24

Photos: 6.10,2022 BRAVIA new series TV more smallet OLED【新商品QD-OLEDやMini LEDを搭載したブラビア4つのデバイス登場「XRプロセッサーで決まる」

Photos: 6.10,2022BRAVIA new series of 48",42"smalletOLED小型有機ELやっと本命神様!#42A90K#48A90K人気高価でも価値観本気のSONY生きる支え感受性 Photos: 6.6_26:00#WWDC22#AppleEvent"New#MacBookAir/iOS16,iPadOS16,macOS13,watchOS9,and more"期待大!本日梅雨入り今週通院遠旅

現在6.12_24:24
お久しぶりです。いろいろ大変です。
ラクに死ねればどんなにラクでしょう…。“万引き家族“フジTV放送して録画をはずめて観ただ…なんでかんでTVで無料放送してくれるのがありがてぇってこったぁ。20年前ブラウン管の奥行き感ほど、温かい家族は無縁。“あんな感じの生活だよ“。SONYのトリニトロン、ブラウン管TVでニュースを観てたね。全くサイズも同じあにトリニトロンを持っていました。その頃から、SONYなわけ。“誘拐、他人は、ある意味、その子にとって助け血筋以上の家族でもあるわけ“

一緒で理想です。

つーことで、2年以上、壊れかけ22年間フラッグシップ液晶SONY。騙し騙し知恵と愛情で大事に毎日、死ぬか生きるか?はTVも自分も家も、同じなストレス痩せこけた、愛も笑顔もない地獄です。

新製品発表6.10、前日に遠いほうの通院でその夜家電量販店でMac現行とSONY現行TVをSONYのプロ男から熱い魂の叫びをハートに刻み込んできたんだぜ。
#ロックの日

SONY BRAVIAは高い。SONYロゴでぼったくってんかと思ってたが、それは“エントリー下位2シリーズ“だと今回の記事や男のロック魂からわかった。

“2008年くらいの液晶SONY“をいまだ愛用できている。コンセントや電源、スピーカー、壊れてるけど!保ってるのは、安物下位SONYTVではなく、当時の“フラッグシップ液晶SONY“を買ってたからだと最近、結論づけた。

同じSONY BRAVIA TVでも。SONYとが思えない酷い画質の下位モデルがありすぐ壊れそうなのにSONYロゴで、ライバル他社同レベル機種より1番高め設定。
ミドル中位モデル~上位フラッグシップが、“本気の昔ながらの映像・音質のSONY TV プライド 国内最高“が味わえる。代わりに国内メーカーで1番高い。

“高くても価値観を見出せるなら“思考はApple製品と似ています。高くても結果、10年以上使えていたりします、そこに後悔がない、長く使えればそれだけ元が取れていく。

TVであり現代もはやモニターや、VODデヴァイスにもなっているデカイ板を、高画音質、本気で必要なら、“何十年経ってもTVはSONY“間違いないです。
裏付けなら「映画のソニー・ピクチャーズ」「プロカメラもモニターもSONYが、映画ドラマCMライヴなど作成の現場で使われている」「PSゲーム機に最良」など。

エンターテインメントを楽しむならソニーのBRAVIA XR
映画・音楽・ゲーム・アニメのグループ会社をもつソニーだからできる充実のホームエンターテインメント体験
https://www.sony.jp/bravia/entertainment/

ソニー初、QD-OLEDパネル採用の最上位4K有機EL「A95K」
「…新型有機ELパネル「QD-OLED」を採用。光源の純度や明部の色再現領域、視野角特性に優れたパネルと、認知特性プロセッサー「BRAVIA XR」を組み合わせることで、あらゆる輝度レベルで鮮やかな色とリアルな質感表現を実現した。
…A95Kシリーズは、国内メーカー初、そしてブラビア初となるQD-OLEDパネルを採用しているのが特徴(A95K以外の有機ELブラビアは従来型のOLEDパネルを採用)。…」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1415897.html

ソニー、ミニLED初採用のフラッグシップ4K液晶「X95K」
「…最上位のX95Kには、ミニLEDバックライトを初採用。X90Kは従来通りの直下型LED部分駆動で、ともに倍速パネルを搭載している。解像度は4K/3,840×2,160ドット。
X95Kには、ミニLEDの性能を引き出し、高コントラストを実現する「XR Backlight Master Drive」と、X95Jよりも倍率が高くなったコントラストブースター15を実現。独自の広視野角技術X-Wide Angleに加え、反射を抑えるX-Anti Reflectionも全サイズに採用している(X95Jは65型が非搭載だった)。
65型「XRJ-65X95K」
X90Kでは85型から55型でコントラストブースター10、50型でコントラストブースター5の高コントラストを実現。85型から55型は、X90Jからの進化点として、音質面が強化されており、出力が強化されたほか、対応のサウンドバーと接続した際にテレビがセンタースピーカーの役割を果たす「Acoustic Center Sync」を新たに搭載した。
ミニLEDを搭載したX95Kシリーズでは、XRプロセッサーによる制御でその真価を発揮。XRバックライトマスタードライブにより、搭載されたミニLED1つ1つの明るさやそれぞれの反射光までを計算して制御。直下型LEDの部分制御と比較して、高い輝度やダイナミックレンジ、暗部表現、階調表現を実現している。
…ミニLEDを搭載したテレビは、一定の画角から外れると色が減衰しやすい特徴があるというが、XR Backlight Master DriveによりミニLEDが発する光を的確に制御することで、広い視野角で鮮やかな色の再現を実現したとする。…」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1415469.html

愛用1年経過のiPad Pro 12.9" M1も、1年前の発売早々ミニLEDなのですが、記述とおり“真っ黒の中に白い物や月などで目立つハロ現象“と“ちょい斜めでも薄くなる“あります。これをSONYは減少させたのはさすがです。でも…とにかくミニLEDTVは他社も出だし初出し今後のトレンドでまだスゲー高い。

ソニー、43型12.7万円の入門4Kブラビア。倍速「X85K」も
「…4K液晶ブラビアの新製品として、「X85K」「X80K」「X80KW」シリーズを7月から順次発売する。すべて映像プロセッサー「HDR X1」を搭載しており、X85Kシリーズのみ倍速駆動パネルを採用。X80KとX80KWの違いは、ハンズフリー音声操作の有無とスタンドの仕様となっている。…」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1415622.html

この中エントリー下位モデルらが先述した“ぼったくり近いダメSONY TV“の部類です。“とりあえずSONYなら安心、高いSONY無理“な人向け客寄せ的な。3年くらいSONY他TV選びで苦悩してきてわかってきます。このクラスのSONYでいいなら“他社のほうが良いのある“東芝のほうがぐっと安く同金額で良い場合あります、このクラスのお話このクラスの画質のお話です。TV好きはまず後悔する。

PS5に最適なコンパクト4K有機ELブラビア。42型30.8万円
「…4K有機ELブラビアとしては“最小”となる42型と、48型からなるコンパクトサイズのシリーズ。
…小型ながら、最上位グレードのプロセッサー「XR」を搭載し、映像・音声などの主な機能は上位モデルと同等。4K120p/VRR/ALLMなどのHDMI2.1機能もサポート
…映像エンジンは認知特性プロセッサーXR。'20年発売の48型「KJ-48A9S」はグレードの低い“X1 Ultimate”だったが、A90Kは42・48型共に最上位グレードのプロセッサーに切り替わった。'22年のXRでは、映像内のオブジェクト情報を活かした奥行き表現、カラー解析能力向上による質感・立体感の表現が向上しているという。
独自の発光制御技術「XR OLED コントラスト プロ」を搭載。高輝度パネルと温度分布センサー、そしてXRによる映像処理を組わせることで発光性能を最大化することで、明るく、高コントラストな映像を可能にした。
ほかにも、あらゆる映像を4Kに高精細化する「XR 4Kアップスケーリング」技術、動きの速い映像でもクッキリかつ滑らかに描写する「XR OLED モーション」技術などを搭載。HDR10、HLG、Dolby VisionのHDR規格もサポートする。
…サウンドシステムは、画面自体を振動させて映像と音の一体化を実現する「アコースティック サーフェス オーディオ プラス」。アクチュエーター×2、サブウーファー×1の2.1chシステムで、実用最大出力は25W。
…ディスプレイ部分を少し高めに設置できる“ハイポジション”スタイルが選べるのも、A90Kシリーズの特徴。…」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1415949.html
自分の本命機種です。「48“, 42“有機ELのSONY」初です!小型と言ってますが、貧乏、狭い家の苦労人からすれば、10年前からTVはデカイのばかり主流です。48",42"も現在12年愛用の壊れたパートナーは当時の32“主流でしたから充分大きいのです。が時代は大画面化して、放送メディアも合わせて大画面に合わせた“小さい文字を上下左右に表示、QRコードも“小画面では読めません。視力弱いので尚更です。

全ての家庭がリビングがあるわけじゃない。机上で42“が置けるデカイ机ではない。“万引き家族“を思い出して震えてください。

この2機種が買い替えの本命です。小型とはいえ大きくて有機ELかつ画面スピーカー、XRプロセッサー搭載と本気のSONY機です。だもんで…高い…が大画面有機ELより低い当然。

ソニー、人の位置を把握して視聴環境を最適化する「BRAVIA CAM」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1415520.html
SONYだけのSONYらしいオプション機器。最初から内蔵すればいいのに、思うけど
“するとおやおや“
さらに高くなってまうやろ~惚れなくなるやろ~
「人が目の前から消えると自動で省電力」このカメラを付けてるだけで電力増加してる気がします。

2022モデルはすごい数が多い気がします。そのせいと中国ロックダウンしてたせいで、“発売が7月~11月“それぞれバラバラで、夏~冬年末にかけて長すぎる発売日です。

『万引き家族 DVD』『初QD-OLED #55A95K』『MiniLED #65X95K』
https://twitter.com/y4uk/status/1536362247291047936

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.